熟女動画館

このサイトは、熟女が大好きな管理人が、自分がオカズにしたい熟女動画だけを収集しているサイトです
熟女動画館 TOP  >  義母
[ 義母 ] のタグを含む記事

【中本美香】お義母さんがこんなに淫乱だなんて知りませんでした!

妻も僕も働いている。お互いに忙しくてすれ違いが多くなり、ささいなことでケンカしてしまった。妻は近くにある実家に帰ってしまい、連れ戻しに行った僕は、義父母の提案でしばらく妻と2人して実家で暮らすことになった。その結果、洗濯や食事の用意を義母がしてくれたので僕らにも余裕ができ、妻とも仲直りできた。
そんなある日、僕は義父母のSEXを覗いてしまった。50才になる義母の喘ぐ姿があまりにも妖艶で僕はボッキしてしまった。次の日、義母から「夕べ、覗いていたでしょう?」と言われたのだが…。
[ 2020/01/19 ] 母親・義母 | CM(0)

【朝霧ゆう】今日はお兄ちゃんの番よ。2人の息子に平等に筆おろししてやる巨乳義母。

連れ子のいるバツイチ男性と結婚したが一年もたたないうちに事故で死なれてしまった。残されたゆうは2人の男の子を女手ひとつで育てることにした。親子で仲良くをモットーに夜は3人で川の字になって寝ていたが、息子たちも思春期になり、義母の豊満な身体に欲情するようになってしまった。真ん中に寝ているゆうに左右から手が伸びておっぱいやおま*こを触ってくる。夫が亡くなってからSEXを我慢していたゆうもこうなっては身体が火照って仕方ない。一人ずつ順番に筆おろししてやったが、やがてそれは3Pプレイに発展していくのだった…。
[ 2020/01/19 ] 母親・義母 | CM(0)

【大石忍】娘には内緒よ。風呂上がりの義母に欲情して一発やってしまった。

風呂上がりの義母は実に色っぽかった。頬を上気させ、濡れた髪をかわかしている姿なんかボッキものだ。俺はその義母とコタツに入って俺たち夫婦の思い出のアルバムを一緒に見ていたわけだ。妻はまだ帰宅していなくて、俺も義母もビールを飲んでいた。
義母の肌はまだ火照っていた。それにいい匂いがする。欲情しまくった俺は義母を押し倒した。でも義母は抵抗しなかった。56才で未亡人の義母も、たまには男がほしくなるのだう。「娘には内緒でね…」「はい、お義母さん」俺は義母に挿入していった…。
[ 2020/01/18 ] 母親・義母 | CM(0)

【翔田千里】お義母さんよく締まります! 妻に内緒で義母の肉穴を貫通してしまった。

週末に妻の実家に行った。義母の千里さんは50近いのにいまでも美貌が衰えない。それに妻にはない熟女の色気を漂わせている。だから僕は妻の実家にくるといつもムラムラしてしまうのだ。でも千里さんは娘婿にそんな目で見られているなんて少しも考えないし、しかもちょっと無防備な所もある。
その晩僕の入浴中に「背中を流してあげる」といって千里さんが下着姿で入ってきた。「い、いいですよ、そんな…」と断ったが千里さんは僕の身体を洗い始めた。しかもち*こまでソープ情のように手で洗われてしまった。僕がボッキしてしまったのは言うまでもない…。
[ 2020/01/18 ] 母親・義母 | CM(0)

【大川直子】52才なのに妻より感度のいい義母をイカせまくった。

年末に妻の実家に帰省した俺は、あいかわらず美しく艶っぽい義母・直子を見てムラムラしてしまい、もし義母でなかったら一発やりたいなどと不謹慎なことを思ったりした。
ところがその晩、寝付けずに夜中にリビングに行った俺は、なんと義母が若い男とSEXしているところを目撃してしまった。義父が亡くなってから数年。義母もたまには男がほしくなるのだろう。義母のイキ顔は実にエロくて見ている俺はギンギンにボッキしてしまった。そして次の日、俺はためらうことなく義母にやらせてくれと迫った。
[ 2020/01/18 ] 母親・義母 | CM(0)

【井上綾子】娘婿と身体の相性がよくて、家庭内不倫をやめられない義母。

46才の人妻です。夫は自営業をやっています。数年前からは娘婿の聡史さんが仕事を手伝ってくれるようになりました。聡史さんは働き者で私は好ましく思っていたのですが、実は聡史さんも私のことを同じように思っていたそうです。
あるとき情が通じてしまったといいますか、お互い引きよせられるように関係を結んでしまいました。なぜか身体の相性が抜群によくて、夫とするよりずっと気持がいいんです。聡史さんも娘とするより気持がいいと言ってくれました。それいらい、いまだに家庭内不倫が続いているのです…。
[ 2020/01/16 ] 母親・義母 | CM(0)

【真野夏樹】お義母さんていい身体してますね! やらせてくれない妻の替わりにお願いします!

真野夏樹・53才です。夫が入院してしまい、退院するまで一人で生活することになったのですが、そんな私を心配して娘夫婦が同居してくれることになりました。でも…。夫や私の世話をしているうちに娘は疲れきってしまい、娘婿の征司さんとすれ違いになってしまいました。ある晩、娘と征司さんは激しい言い争いをし、娘はどこかへ飛び出して行ってしまいました。ことの発端は、疲れきった娘が夜の営みを拒否し続けていることでした。私はことの深刻さに驚き、征司さんを慰めようとしたのですが、征司さんの持て余した性欲が、まさか私に向けられるとは思ってもいませんでした…。
[ 2020/01/13 ] 母親・義母 | CM(0)

【秋山美保】お義母さん、妻がやらせてくれないんです! ごめんなさいね、娘の替わりに私を抱いて!

賢太は今夜も妻の雅美に断られてしまった。もうかれこれ半年も妻に断られ続けている。賢太は空しさを覚えベットから出た。
リビングで酒を飲んでいると同居している義母・美保が近づいてきた。よほどさえない顔をしていたのだろう、美保は心配そうな顔で「何かあったの?」と聞いてきた。賢太はつい妻と夜の営みがないことを話してしまった。すると美保は「ごめんなさいね、あの子はわがままなところがあって…」と自分のことのように賢太に謝り、それから「私が代わりじゃあダメかしら…」と賢太の股間を握ってきた。もちろん賢太が断るはずがない。
[ 2020/01/10 ] 母親・義母 | CM(0)

【紅月ひかり】お義母さん、僕のち*こがほしいんでしょう? 未亡人の義母が娘婿に貫かれてイキまくり。

ひかりは49才の未亡人である。夫が亡くなって5年。広い実家で1人で暮らしていた。ある週末、娘夫婦が泊まりがけで様子を見にきてくれた。久しぶりの再会に喜ぶひかりだったが、娘婿のもっこりがやけに大きく見えてムラムラしてしまう…。
次の日、娘は出かけ娘婿はまだ寝ていた。ひかりはそっと娘婿のパジャマを下ろした。朝立ちした肉棒がビンと躍り出た瞬間、ひかりは我を忘れてしゃぶりついた。たちまちおま*こがビショビショになる。目を覚ました娘婿がひかりに抱きついてきた。ひかりはおま*こをめいっぱい広げて娘婿を迎え入れた。
[ 2020/01/09 ] 母親・義母 | CM(0)

【浅井舞香】お義母さんのことが女として好きだ! そんなこと言われたらおま*こが濡れちゃうじゃない…。

舞香が結婚した相手には達郎という連れ子がいた。達郎はなぜか舞香に懐かず、始めのうち舞香とはギクシャクしていた。だが舞香はこれではいけないと思い達郎とじっくり話しをすることにした。
すると思わぬ答えが返ってきた。達郎は舞香を人目見たときから1人の女として好きになってしまい、性的な衝動さえ覚えてしまった。舞香に襲いかかってしまいそうな自分が怖くて、舞香と仲良くすることができなかったというのだ。それを聞いた舞香は驚きより先に嬉しさを覚えた。そして「いいわ、そんなに私のことを思ってくれるなら…」そういって達郎の股間に手を伸ばすのだった。
[ 2020/01/09 ] 母親・義母 | CM(0)

【原ちとせ】これから義母になるかもしれない父の彼女とやっちまった。

母は俺が子供の頃に亡くなり、俺は父と二人で暮らしてきた。父の仕事はDJだ。けっこう名が知れてるらしく収入もいい。そんな父が家に連れてきたのが「ちとせ」という三十路の女だった。
ちとせは実にいい体をしていた。性格もいい。結婚も視野にいれてるというから俺の母親になる女かもしれない。だがこのちとせ、大人しそうな顔をしてSEXが大好きなのだ。そういうわけで俺は、父が仕事で地方に行っている間にちとせとできてしまった。将来母親になる女とSEXするのはまずいかもしれないが、ちとせの方から求めてくるのだから仕方ないと思ってる。
[ 2020/01/08 ] 人妻・熟女 | CM(0)

【音羽文子】義息の馬並みの巨根を思い出してオナニーする義母がエロい。

音羽文子。43才です。バツイチ男性と結婚しましたが、結婚したらすぐ海外に長期出張に行ってしまいました。そんなに性欲が強いほうでもないのですが欲求不満になって悶々としていました。そんなときです。ある朝夫の連れ子・英樹君を起こしいったら、馬並みの巨根がそそり立っていたのです。私はその巨根が頭に焼き付いてしまい、どうにも振り払うことができませんでした。そして、オナニーを始めました。あの巨根をおっぱいにはさんでパイズリしたり、あの巨根で貫かれる場面を妄想して、おま*こをいじりまわしてしまったんです…。
[ 2020/01/07 ] 母親・義母 | CM(0)

【牧村彩香】これで母親って認めてくれる? 懐かない夫の連れ子をおま*こで手なずける義母。

彩香はバツイチ男性と結婚したが、連れ子の勇作は、亡くなった実母のことが忘れられないらしく彩香を母親と認めようししなかった。それどころか「どうしても俺と仲よくしたかったらオナニーして見せてよ。そうしたら母親と認めてあげるよ」などと、嫌がらせとしか思えないことを言ってきた。だが彩香はその言葉に賭けた。「いいわ、見せてあげる」彩香は勇作の目の前でおま*こを広げてオナニーを始めた。勇作のズボンの前はどんどん膨らんでいく。彩香はその膨らみを握った。
彩香は最初からオナニーだけで終わるつもりはなかった。このままSEXに持ち込み、勇作を自分に夢中にさせてしまうつもりなのだ。
[ 2020/01/06 ] 母親・義母 | CM(0)

【大野実花】妻の実家に帰省したら、未亡人の義母が誘惑してきた。やっちゃっていいのかな?!

祥平はお盆休みに妻の実家に帰省した。出迎えてくれた義母・実花をみた瞬間、祥平は生唾を呑み込んだ。3年ぶりに会った実花がますます美しく、熟しきった体をしていたからだ。
その晩、祥平が風呂に入っていると実花が入ってきた。「洋子を大事にしてくれてありがとう。感謝してるわ」と言って実花は祥平の背中を流してくれた。濡れてもいいように実花は下着姿だった。祥平はボッキしてしまった。すると、実花はその肉棒を咥えてきたのだ。「お義母さん、いけません…」一応言ってみたものの祥平は…。
[ 2020/01/06 ] 母親・義母 | CM(0)

【前園希美】お義母さんが父に突きまくられてヨガってる! 両親の中出しSEXを覗いて興奮してしまいました!

父と義母のSEXを覗いてしまった。義母の名前は希美。38才で豊満な身体をしている。普段は良妻賢母に見えていたんだけど、ベットの上ではけっこう淫乱だった。自分から積極的に父にフェラしていき、ち*こが立ったと思うとすかさず騎乗位でまたがってむっちりした尻を振りたくった。それも大きくグラインドしたりしてかなり卑猥な振り方だ。今度は四つん這いになって尻を突き出した。父が尻を抱えるようにしてバックで挿入する。義母は「ああーん」てすっごく興奮した声を上げてた。最後は中出しされてた。割れ目から精子がタラタラこぼれ出てる。ホントにエッチな義母だと思う。
[ 2020/01/03 ] 母親・義母 | CM(0)

【折原ゆかり】お義母さん、妻よりよく締まって気持いいです!

義母・46才のむっちりとエロい肉体に以前から性欲をそそられていた。先週、妻とともに義母の家に泊まりに行ったのだが、下着姿で風呂掃除していた義母にボッキしてしまい、とうとう我慢できなくなって襲いかかってしまった。義母は最初は抵抗したが、近くにいる妻に知られたくなかったらしく、仕方なく俺に身をまかせた。しかし俺に愛撫されているうちに感じてしまったらしくおま*こがグシヨグショに濡れてきた。「ほしいですか?」と聞いたら「ほしい…」と恥ずかしそうに答えたので、俺は義母の身体を肉棒で串刺しにした…。
[ 2020/01/01 ] 母親・義母 | CM(0)

【篠野まゆみ】結婚してるのに56才の母に欲情してハメちゃった息子。

56才の母が久しぶりに我が家に泊まりにきた。その晩、僕はわざとじゃないが母の入浴を覗いてしまい、欲情して妻に夜の営みを求めた。が、拒否されてまい、ますますムラムラした僕は母の寝室に忍び込み、母の身体をまさぐってしまった。母は60近いのにいい身体をしていた。パンティを脱がして肉穴に指を入れるとキュッと締めつけてきた。僕は我慢できなくなって母にのしかかった。だが挿入する寸前に母は目を覚ましてしまった。「何してるの?」「い、いや、あの…」この状況では言い訳のしようがない。僕は母に欲情したことを正直に言った。すると母は「わかったわ」といってやらせてくれたのだ…。
[ 2019/12/30 ] 母親・義母 | CM(0)

【真弓あずさ】な、なにするの!? お義母さんのお尻を見てたらボッキしちゃったんです!

大介は同居している義母・あずさの尻がいつも気になってならなかった。むっちりと丸い義母の尻を見ているとラムラしてしまうのだ。義母は常にエプロンとデニムという服装で家事をしているのだが、熟女の骨盤の広がった巨尻はデニムの下からはち切れそうだった。
ある日、義父と妻が不在であずさと大介だけで夕食をとることになった。キッチンで料理をするあずさの尻を見ているうちに大介はどうにも我慢できなくなってきた。後ろから忍び寄り、あずさの尻を両手で抱えこんだ。ずっしりと重い感触が手に伝わってきた…。
[ 2019/12/28 ] 母親・義母 | CM(0)

【瞳リョウ】お母さんと僕は血がつながってないんでしょう、一発やっても問題ないよね!

晃は子供の頃から母が大好きだった。思春期になるとさらに母を愛おしくおもい、母に性的な興奮さえ覚えるようになっていた。自分でもおかしいとわかっていた。それに母親を好きになっても結ばれることはできない。なぜ僕と母は親子だったのだろう。もし他人だったら…と晃は思った。そんなときである。戸籍謄本を見た晃は自分と母がが繋がっていないことを知った。晃が幼いころに実母が亡くなり、リョウはその後妻だったのだ。僕と母は他人だった! 晃は涙が出るほど嬉しかった。そして晃は告白した。
[ 2019/12/28 ] 母親・義母 | CM(0)

【吹石れな】やだ、入れちゃったの?! 義息と仲良くなろうと素股してやってたら、挿入されて中出しまでされちゃった義母。

れなはバツイチの男性と結婚したが、その連れ子の英太との関係で悩んでいた。まだ亡くなった母親のことが忘れられないらしく、れなに心を開いてくれないからだ。どうしても英太といい関係を作りたいれなは、ある日、今日こそ腹を割って話し合いをしようと決心して英太の部屋のドアを開けた。ところが、英太はオナニーの真っ最中。「なんだよ、い、いきなり入ってくるなよ」だが、れなはこれはチャンスだと思い「最後までは行けないけど、お義母さんが手伝ってあげようか」と言ってみた。思春期の英太にこの申し出を断れるわけはない。れなはさっそく英太にまたがり素股を始めた。しかし…。
[ 2019/12/27 ] 母親・義母 | CM(0)

【大橋ひとみ】ごめんなさい、娘がさせてくれないのね。オナニーしていた娘婿をかわいそうに思った義母が、大胆な行動に…。

義母のひとみと同居することになった。一緒に暮らし始めた新太は、妻と違い熟女の魅力に溢れたひとみに惹かれるようになった。このところずっと、新太は妻にSEXさせてもらえないでいる。妻も働いているのだが最近は「疲れた」といってはすぐに寝てしまう。新太に体をまさぐられても「やめてよ!」と一喝されてしまうのである。そんな欲求不満の矛先が義母のひとみに向かったといっていいだろう。ある日、新太はひとみの下着をくすねてオナニーしていた。だがそれを見たひとみは「新太さん、娘がさせてくれないのね。ごめんなさい、替わりに私を抱いて下さい」と新太にキスをしてきた。新太は…。
[ 2019/12/27 ] 母親・義母 | CM(0)

【紺野京子】オヤジが立たないから別れる、て義母が言うから、息子の俺がイカせてやったぜ!

俺に新しい母親ができた。だが、これで何人目だろう。母が亡くなったあと、後妻にはいった女は何人もいるが、みんなすぐ別れて出ていってしまった。まあオヤジは会社の社長をしていて金だけは持っているが、女が魅力を感じる男でないことは確かだ。だからみんな財産目当てで結婚するんだとおもうが、それにしてもすぐ出て行ってしまうのはなぜなんだろう? 俺は思いきって新しい母親に聞いてみた。すると「私ももう別れようと思ってるわ。だってあなたのお父さんぜんぜん立たないんだもの」なるほどよくわかった。じゃあ俺が相手してやるけど、どう? て聞いたら、よろこんでたよ。
[ 2019/12/27 ] 母親・義母 | CM(0)

【一条綺美香】む、娘に悪いわ…。夫を亡くした義母が欲求不満みたいなので、俺の巨根を挿入してやった。

僕は妻の母親に惹かれていた。義母は54才だが、34才の妻より美しいし肉感的な体をしている。僕は義母とSEXしたいと思っていた。義母を思い浮かべて何度もオナニーをした。そんなある日、義母の家を訪ねた僕は、義母が隠していたディルドを発見してしまった。僕は躊躇なく義母に聞いた。「これ、お義母さんが使っているんですか?」義母は真っ赤になって下を向いた。昨年、義父が亡くなっている。義母はたぶん、義父のことを思い出しながらこのディルドをつかっていたのだろう。「お義母さん、そんなものじゃ満足できないでしょう?」そう言って僕は義母に迫っていった…。
[ 2019/12/27 ] 母親・義母 | CM(0)

【神崎清乃】これよ、これがほしかったのよ! 欲求不満の義母にボッキち*こを見せたら…。

義母のオナニーを目撃してしまった。昨年義父が亡くなり、SEXする相手がいなくなったので欲求不満なんだろう。それにしても熟女の魅力たっぷりの義母のオナニー姿は刺激的だ。なにより恍惚とした表情が妖艶で堪らない。
我慢できなくなった俺は部屋に飛び込んでいき「お、お義母さん、俺に義父の替わりをさせて下さい!」て叫んで飛びかかった。義母は一瞬驚いたようだが俺のギンギンにボッキしたち*こに目を見張り「これよ、これがほしかったのよ!」と叫んでむしゃぶりついてきた…。
[ 2019/12/27 ] 母親・義母 | CM(0)

【織田真子】お義母さんとやりたいのね? 両親のSEXを覗いていていたら義母と目があってしまったが…。

父と再婚した真子さんにムラムラして仕方がなかった。真子さんは38才。ものすごい巨乳だ。あの巨乳がユサユサ揺れるだけで僕はボッキしてしまう…。
ある晩僕は父たちの寝室を覗いた。ちょうど父と真子さんがSEXしている真っ最中だった。僕はボッキしたち*こを握りながらみていた。と、真子さんと目が合ってしまった。すると真子さんはニヤリと笑ってみせた。僕は怖くなってその場を逃げ出した。つぎの日、僕の部屋にやってきた真子さんは「やりたい年頃なのね、お義母さんが教えてやってもいいけど…」といってまたもニヤッと笑った。僕は…。
[ 2019/12/27 ] 母親・義母 | CM(0)

【筒美かえで】夫が淡泊で欲求不満なの。お義母さん、僕にまかせて下さい!

同居している義母は46才。まあ普通のおばさんだ。でも俺は、この間義母のオナニーを目撃してしまった。下半身だけ裸になって両足を広げておま*こいじっていた。おま*この中が丸見えだった。いままで義母を女と意識したことは一度もなかったが、こんなの見せられたら意識もするし興奮もしてしまう。俺は義母に「誰にも言わないからフェラして下さい」てボッキしたち*こを口の中にねじこんで口内射精した。我慢できなかったんだ。それに挿入はいくらなんでもヤバイと思った。でも、次の日、夕べの続きがやりたくて堪らなくなった。やっぱり挿入してやろう…そう思って義母に近づいたら、義母は嬉しそうに笑ったんだ…。
[ 2019/12/25 ] 母親・義母 | CM(0)

【柏木舞子】お義母さん、前から好きでした…。そう言われた私は、なぜか娘婿を受け入れてしまいました…。

51才舞子。未亡人になってしまいました。娘婿の薫さんは何かと私のに気を遣ってくれる優しい人ですが、夫を亡くして間もない私を元気づけようと夫婦で温泉旅行につれていってくれました。
娘からお酒を勧められ酔った私は薫さんに抱えられて布団のところまでいきました。娘夫婦と川の字で寝ていたのですが、深夜に、寝ていると思った薫さんが私の布団に入ってきておっぱいを揉んだりおま*こをいじってきたのです。驚きました。でも「お義母さん、前から好きでした…」そう言われた私はなぜか抗うことができず、受け入れてしまったのです。つぎの日も露天風呂に入っていると…。
[ 2019/12/24 ] 母親・義母 | CM(0)

【三浦恵理子】酔いつぶれた義母を介抱してるうちに欲情してしまった娘婿が、ボッキち*こを掴み出して肉穴に…。

義母の恵理子さんが娘夫婦の暮らしぶりを見たいと上京してきた。恵理子さんは美人で上品で、しかもグラマー。熟女の魅力に溢れていた。そんな恵理子さんが同じ屋根の下にいるのかと思うとちょっとドキドキしてしまう僕である…。
ある日、恵理子さんが酔って帰ってきた。東京に嫁いだ幼なじみと会って飲んできたという。けっこう飲んだらしく、帰ってくるなりバッタリ。正体がなくなってしまった。妻がいなかったので僕が介抱したが、寝室に運ぶ途中、つい巨乳を揉んでしまった。当然肉棒はボッキしてしまった。さて、どうしようか…。
[ 2019/12/23 ] 母親・義母 | CM(0)

夫の連れ子が可愛いかったので、つい筆おろししちゃった義母。

バツイチ男性と結婚しました。連れ子の康太君は甘えん坊ですが私によく懐いてくれてます。ある日、ゲリラ豪雨のせいで康太君がビショ濡れになって帰ってきたんです。
すぐにお風呂場につれて行って体を拭いてあげたのですが、寒い寒いと震えていたのでお風呂に入れました。でも「お義母さんも一緒に入ろうよ」というので私も一緒に入っちゃいました。そしたら康太君、おちん*んを大きくしているんです。イタズラ心を起こして手コキしたら康太君が興奮して私を押し倒してきました。ホントはいけないけど、可愛いのでやらせちゃいました…。
[ 2019/12/23 ] 母親・義母 | CM(0)

【希崎ジェシカ】若すぎる義母を女としてしか見られない義息。思いあまって押し倒し、パンティを引き下ろして、そして…。

父が再婚し、直紀には亜美という新しい母親ができた。だが、亜美は父よりずっと若く、直紀にとっても母とよぶには若すぎた。直紀は亜美のことをどうしても母親とはおもえない。逆に一人の女として亜美に思いを寄せてしまうのである。亜美に性的な興奮さえを覚えた直紀は、亜美のパンティをくすねてオナニーをくりかえした。が、それでは満足できず直紀はついに告白した。直紀は、答えに困りその場を離れようとする亜美を抱きしめようとした。だが、「やめて!」と手を振り払われた直紀は逆上し、亜美を押し倒した。そして、思いを遂げようと亜美のパンティを引き下ろした…。
[ 2019/12/23 ] 母親・義母 | CM(0)


    ★★★相互リンク様新着動画★★★