熟女動画館

このサイトは、熟女が大好きな管理人が、自分がオカズにしたい熟女動画だけを収集しているサイトです

【秋山静香】君、可愛いから筆おろししてあげる。友達のお母さんに誘惑されて初体験。

友達の優の家に遊びに行ったら母親の静香さんが僕に向かってしきりに胸チラやバンチラしてきた。わざとやってるとしか思えなかった。静香さんは41才でかなりの巨乳だ。僕はボッキしてしまった。家に帰ったあとも興奮が収まらなかった…。何日かモヤモヤして過ごしたぼくは意を決して優がいないときに家を訪ねてみた。静香さんは嬉しそうに僕を迎え「やっときたわね、待っていたのよ」と言った。続けて「君が可愛いから筆おろしして...

続きを読む

【秋山静香】お母さんの身体で男になってね! 息子を溺愛する母親。

静香は52才の母親。一人息子の浩輔を女手ひとつで育ててきた。静香は熟女としてはかなり色っぽい方で、そんな静香に目をつけた浩輔の先輩・北野は、浩輔が不祥事を起こした、お母さんが身体で償って下さい、と嘘をいって欺し、静香と一発やってしまう…。そこへ帰ってきた浩輔は激怒して先輩を殴り倒すが、静香は男らしい浩輔に胸キュンしてしまう。浩輔もまた素っ裸の母に欲情し、二人はどちらからともなく抱き合った。「浩輔は童...

続きを読む

【秋山静香】お義父さん、やめて下さい! 下着ドロボーを見つかった義父が開き直って嫁を***!

秋山静香・42才の人妻です。義父と同居してから下着の紛失が続いてたんです。これは義父の仕業ではないかと思って見張っていたら、予想どおり洗濯物入れから義父が私の下着を持ち出しました。怒ってやろうと思い「お義父さん!」と声をかけると、ギョッ、とした義父が胸を押さえて苦しみだしたんです。私が慌ててかけよると義父は待ってましたとばかり私にしがみつき、強い力で押さえつけてきました。抵抗してもダメでした。私は義...

続きを読む

【秋山静香】だってあなたより巨根だったから…。弟のデカマラにハメられてイキまくってしまった私の妻。

妻は42才。私は47才。まあ中年夫婦ですな。私の実家は農家でして、老いた両親はすでに引退して私の弟が実家を継いでいます。今年のお盆に帰省したときです。老いた両親や弟の家族、それに親戚の家族なども集まって大宴会をしました。でも宴会が終わってからどうも妻の様子がおかしいんです。妻を問い詰めると、宴会の途中で台所に行ったら、酔った弟に襲われてしまったというのです。でも弟は、私も知っていますがすごい巨根なんで...

続きを読む

【秋山静香】夫の上司が訪ねてきたのに夫婦でイチャイチャしてたら、後でしっかり妻が犯されてました。

43才の人妻・静香です。日曜日に主人とまったりしていたら主人の上司・加藤さんが訪ねてきました。加藤さんは最近離婚したばかり。人恋しくてウチにきたのにちがいありません。夫と二人だけの時間を邪魔されてちょっとガッカリしたのですが、逆に夫は、上司に見えないところで私にキスしたりおっぱいを揉んできました。「な、スリルがあるだろう?」と夫は興奮しています。そう言われると私もなんだか興奮してしまい、夫の肉棒にフ...

続きを読む

【秋山静香】風呂上がりの義母に欲情したら、妻に内緒でやらせてくれた。

妻にお願いされて義母と同居を始めた。義母は48才でスタイル抜群。しかも妻にはない熟女の魅力がある。いつしか僕は義母に惹かれていった。ある晩、風呂上がりの義母がバスタオル一枚でリビングに入ってきた。義母のまだ汗に濡れている肌を見ているうちに僕は欲情し、ボッキてしまった。だが、そのボッキを義母が掴んだのだ。「お、お義母さん、なにを…」「私に欲情しているんでしょう?」「…」図星を刺されて僕は返事ができなかっ...

続きを読む

【秋山静香】こんな快感、夫じゃ味わえないわ! 義弟のデカマラにメロメロされた俺の嫁!

カデゴリ 人妻・熟女
キーワード

嫁の奴が俺の弟と不倫してた。でもまあ、不倫したくなる気持もわからなくはない。弟は俺と違ってち*こがでかい。それこそ馬並み。俺は子供のころから弟にコンプレックスを感じてた。しかも弟は手が早い。甘い言葉でメロメロにしておいて巨根でヒーヒー言わせる。それが弟のいつもの手だ。俺の嫁もとうとう引っかかっちまった。でも、実は俺、この状態を楽しんでる。そう、俺は寝取られ願望がつよいんだ。...

続きを読む

【秋山静香】友達の母親がエロ下着で迫ってきたので中出しした!

友達の家に行ったら、母親がものすごいエッチな下着姿で僕にいった。「おばさんと初体験したくない?」「…」僕が何と答えたらいいか困っていると、母親は僕のち*こをズボンから引っ張りだすと、手コキとフェラで射精させてくれた。「どう、今度はおばさんのおま*こに入れたくない?」「はい…」次の日、僕は一人で友達の家に行った。童貞を捨てるために。...

続きを読む