熟女動画館

このサイトは、熟女が大好きな管理人が、自分がオカズにしたい熟女動画だけを収集しているサイトです

【柏木舞子】お母さんじゃなきゃダメなんだ! 妻よりも還暦母に欲情する息子。

お盆休み、妻とともに実家に帰省した尊は、その晩、母・舞子に悩みを打ち明けた。「妻とはぜんぜんSEXしていないんだ…」急にそんなことを言われて驚く舞子。だが舞子には心当たりがあった。「忘れてないよね、お母さん。僕の初体験の相手がお母さんだってこと」やはり、と舞子は思った。そう、舞子は尊がイジメを受けていた学生のとき、尊を苦しみから救いたい一心で身体で慰めてやった。だが、それはもう過去の話しだ。結婚してか...

続きを読む

【柏木舞子】お義母さん、前から好きでした…。そう言われた私は、なぜか娘婿を受け入れてしまいました…。

51才舞子。未亡人になってしまいました。娘婿の薫さんは何かと私のに気を遣ってくれる優しい人ですが、夫を亡くして間もない私を元気づけようと夫婦で温泉旅行につれていってくれました。娘からお酒を勧められ酔った私は薫さんに抱えられて布団のところまでいきました。娘夫婦と川の字で寝ていたのですが、深夜に、寝ていると思った薫さんが私の布団に入ってきておっぱいを揉んだりおま*こをいじってきたのです。驚きました。でも...

続きを読む

【柏木舞子】ごめんなさい、勘違いだったわ! 息子が下着泥棒ではないかと疑念を持った母親が息子の部屋を調べていたら、激怒した息子にハメられてしまった!

50才の母親・舞子は息子の部屋を掃除中にパンティを発見した。舞子はギョッとした。最近、近所であいついで下着の盗難事件が起こっていたからだ。疑念を持った舞子は他にも隠してないか部屋の中を探しまわった。そこへ帰ってきた息子が、勝手に部屋を調べまわっている母親に腹を立て、ついでにち*ぽも立てて舞子を犯してしまった。だが、息子に突きまくられているうちに舞子は気持よくなってしまい、自ら腰を振ってイってしまった...

続きを読む

【柏木舞子】借金のカタに売られてしまった私。でも毎日やられているうちに気持よくなっちゃいました!

51才の人妻・舞子です。平凡だけど幸せな日常が一変したのは一週間前のことでした。突然数人の男達が押しかけてきたんです。逃げようとしたけど捕まってしまいました。男たちはそのまま家に住みついて毎日私を犯すのです。隙をみて夫に電話しましたが何度かけてもつながりません。でもしだいに事情がわかってきました。夫は借金のカタに私を売ったのです…。今日も朝から私は犯されています。今日は4Pされてます。パイズリしながら...

続きを読む

【柏木舞子】亡くなった息子によく似た娘婿に優しい言葉をかけられ、ついおま*こ広げちゃった五十路義母。

54才の未亡人です。夫を数年前に亡くし、つい最近息子を事故で亡くしました。落ち込んでいる私に、娘夫婦が温泉旅行に誘ってくれたんです。喜んでついていった私。実は婿さんは亡くなった息子によく似ているんです。婿さんを見ると切ないけど嬉しい気持になるんです。そんな話しを婿さん本人に話したら「お義母さんも辛い思いをとてきたんですね」と優しい言葉をかけてくれたんですが「僕を息子さんだと思って下さい」といっておま...

続きを読む

【柏木舞子】先生、息子のことをよろしくね…。担任のち*ぽをくわえ込んで離さない教育熱心な母親。

友人の母親が、俺たちの担任を自宅につれ込むのを目撃した。勝手知ったる友人の家だったので、俺は窓から忍び込んで覗いてみた。母親は舞子というのだが、家に入るともうすぐに担任とベロチューを始めた。担任は舞子の巨乳を揉み、吸い、おま*こにも吸い付いてベロベロと舐め上げた。舞子は最初は担任に責められるのみだったが、やがて担任に騎乗位でまたがって激しく腰を振り始めた。「ああん、ああん…」てなんかすげえ色っぽい声...

続きを読む

【柏木舞子】俺たちってSEXの相性が抜群だったんだね! 別れた年上の女房と快感の一発。

年上の女房と経済的な理由で離婚した利明。現在は再婚しているが、その年下の妻は利明を財布代わりとか見ていなかった。SEXもおざなりでまるでマネキンを抱いているようだった。そんなある日、偶然前の女房・舞子と再会した利明は今の妻の愚痴を聞いてもらっているうちに欲情してしまい、舞子にしがみついていった。だが舞子は拒まなかった。「苦労しているのね。今日だけ私を抱いていいわよ」利明は、俺はどうしてこんないい女と...

続きを読む

【柏木舞子】淡泊な夫に愛想をつかし、元夫の肉棒にしゃぶりつく五十路の人妻。

50才の人妻です。バツイチの男性と再婚して今は夫と夫の連れ子と三人で暮らしています。でも、何事にも淡泊な夫ととの生活は無味乾燥で味けのないものでした。ある日、別れた元夫と再会しました。元夫も再婚していましたが私と同様に幸せではありませんでした。私たちは自然と体を求めあいました。元夫は激しく私を突いてきました。それは今の夫にないものでした。数日後、私はあのときの快感が忘れられず元夫を家に呼んでしまいま...

続きを読む

【柏木舞子】やめて! でも気持いいわ…。 駅のトイレで中出しされちゃったのに快感だった五十路熟女。

51才の人妻・舞子は、久しぶりに乗った朝の通勤列車の中でおま*こをいじられていた。後ろからピタリと体を密着させた男がスカートの中に手を刺し込み、舞子が声を出せないのいいことにクリトリスをこね回してるのだ。(ど、どうしよう…)舞子は怖かった。後ろの男よりも、クリトリスを刺激されて感じてしまっている自分が怖かった。このままではイかされてしまうかもしれないと思った。すでに肉穴からは愛液が染み出している…。舞子...

続きを読む

【柏木舞子】息子の朝立ちしたち*こに目が眩み、一発やらせてしまった五十路の母親。

舞子は51才の人妻。早漏の夫とSEXしてもまったく満足できない舞子は、ある朝息子を起こしに行ったとき、朝立ちした肉棒が立派にそびえ立っているのを目撃してしまった。舞子は吸い寄せられるように近づき、手コキを始めてしまった…。目を覚ました息子は驚いていたが気持いいらしく、そのまま母親に身をゆだねていた。母親の手の中で射精した息子はその快感が忘れられず、次の日に「お母さん、またやって」とせがんできたが、罪悪感...

続きを読む

【柏木舞子】媚薬を飲ませて義母を調教する娘婿。

義母は54才。熟女好きの俺には堪らないほど色っぽい体つきをしている。あの少し崩れた線と垂れ気味のおっぱいを見ただけで俺はボッキしてしまう。妻には悪いがなんとか義母と一発やりたいと俺は思っていた。チャンスはすぐにきた。義母が近所のオヤジと妙に親しげに話していたのでスマホに撮って見せてやった。「これ、お義父さんに見せたら激怒すると思いますよ」そう言って脅したのだ。でも義母は笑って相手にしてくれなかった。...

続きを読む

【柏木舞子】五十路の母が欲求不満みたいなので、クリトリスにバイブを押しつけてやったら、お礼にフェラしてくれた。

50才の俺の母は父が海外に出張しているために欲求不満ぎみだ。お風呂でおま*こ広げて指ズボしてることを俺は知っている。ある日、いつものようにオナニー始めたらしいので風呂場に覗きに行った。その日はいつもより激しく指ズボしていたが、いまいち快感に乏しいようだ。俺は思いきって「お母さん、そんなに気持よくなりたかったら俺にまかせてよ」というや、バイブをおま*こに押しつけてやった。「ひいいー」と、これは母の悲鳴。...

続きを読む

【柏木舞子】お義母さん、僕がイカせてあげます。娘には内緒にしてね。

50才の舞子です。夫に先立たれ、娘夫婦と一緒に暮らしていますが、最近体が疼いて疼いて仕方ありません。それというのも、娘夫婦の寝室から夜な夜な喘ぎ声が聞こえてくるからです。仕方ないのでオナニーしてたら、娘婿の慎二さんに見られてしまいました。慎二さんは私に近づき「お義母さんが欲求不満だってわかってましたよ」て言うんです。「ど、どうして…」「自分ではわからないでしょうね、お義母さんは最近濃厚にフェロモンを...

続きを読む

【柏木舞子】息子には絶対に内緒よ! 息子の同級生に弱みを握られ、口止めのためにやらせたら気持よくなっちゃったお母さん!

43才の人妻です。私は息子の担任と不倫しています。最初は息子の内申書のために近づいたのですが、担任のテクニックに私がメロメロになってしまい、今では本当の不倫になってしまいました。でも、その不倫現場を息子の同級生の正雄に見られてしまいました。正雄は「息子にバラされたくなければやらせろ」と迫ってきました。もう仕方なくやらせてあげたんですが、驚いたことに正雄はもの凄い巨根だったのです。私、正雄にもメロメロ...

続きを読む

【柏木舞子】お母さん、お父さんと同じ事させて! 一回だけよ!

紀夫は両親のSEXを覗いてしまった。父と母の淫らな姿は少なからず紀夫にショックを与えたが、肉棒に貫かれる母の秘所は紀夫を興奮させずにはおかなかった。その日から紀夫は、母を思いながらオナニーをするようになった。一方、母・舞子も紀夫のオナニーを目撃するが、その際に目が合ってしまい、自分でもなぜそうしたのかわからないがオナニーを手伝ってしまった。紀夫に頼まれて手伝っているうちに、舞子は紀夫が自分とSEXしたが...

続きを読む

【柏木舞子】娘の代わりに私でイッてね! SEXレスの娘婿が気の毒になっておま*こ差し出した義母!

舞子です。57才未亡人で娘夫婦と同居しています。ある晩、婿さんが元気なくリビングに一人でいたので声をかけました。そうしたら、娘がまったくSEXしてくれないというのです。私は婿さんが気の毒になり「もう夫もいないし、私でよければ相手してあげる」そう言ったのです。婿さんはよほど溜まっていたらしく、それはもう激しく私を突いてきました。おかげで私も、久しぶりに快感を覚えました…。...

続きを読む