熟女動画館

このサイトは、熟女が大好きな管理人が、自分がオカズにしたい熟女動画だけを収集しているサイトです

【松嶋友里恵】万引きした人妻を店長が極太ち*こでお仕置き!

コンビニの店長やってるんですが万引きが多くて困っています。先日も人妻の万引き犯を捕まえたんですがね、身なりからしてかなり裕福そうな人妻なんですよ。おもしろ半分に商品を万引きされたら堪ったもんじゃありません…。しかもこの人妻、ぜんぜん反省している様子がないんですよ。私もとうとうぶち切れましてね、人妻を机に押しつけてスカートとパンティをむしり取ってやったんです。「え、何、いやーっ」て、今ごろ慌ててます...

続きを読む

【松嶋友里恵】お母さんが初めての女になってあげる! 彼女にフラれて落ち込んでる息子を見ていられなくて…。

46才の母親です。母子家庭で息子の大介と2人で暮らししています。28才の大介はなかなか彼女ができませんでしたが、やっと結婚の約束までした彼女ができ、私もよろこんでいましたが、彼女の親の反対で破局してしまいました。落ち込んだ大介はいつまでたっても立ち直ることができず、うつろな目で「俺、一生童貞かもしれない…」などと言うんです。私は思わず大介を抱きしめてしまいました。「大丈夫、いつか必ず出来るから」そのと...

続きを読む

【松嶋友里恵】息子にハメられそうになり、とっさにおま*この危機をフェラで回避した母親。

母親の友里恵が飲んだくれの父親を甲斐甲斐しく世話をする姿を見ながら、良和は怒りを感じていた。あんな親父に母は似合わない。母にふさわしいのはこの僕だ…。良和はある決心をして母に近寄った。キッチンで洗い物をしていた友里恵は突然息子・良和に抱きしめられて驚いた。「お母さん、お父さんと同じことを僕にもして!」そう叫び、スカートの中に手を入れてきた良和。友里恵は必死になって良和を押しとどめ、すでにパンパンに...

続きを読む

【松嶋友里恵】温泉旅行に来た犯され願望のある妻と、寝取られ願望のある夫。

温泉旅行にやってきた中年の夫婦。妻・友里恵が1人で露天風呂に入っていると労働者風の男が入ってきた。男は友里恵を一目みるなり肉棒をボッキさせ、友里恵を押し倒して犯してしまう。夜、友里恵は男達の寝泊まりする大部屋に連れ込まれた。男たちは友里恵につぎつぎとフェラを要求。友里恵も立ち並ぶ肉棒をくわえて次々に射精させていく。そんな友里恵の姿を襖の陰から覗いている男がいた。友里恵の夫である。だが、夫が自分の姿...

続きを読む

【松嶋友里恵】泥酔した父をかいがいしく介抱する母親に嫉妬して***しちゃった息子。

父は今夜もベロベロに酔って帰ってきた。母・友里恵がかいがいしく介抱している。そんな母に良和は嫉妬していた。なぜこんな、飲んだくれのだらしない父に母は尽くすのだろう。こんな男に母は似合わない。母にふさわしいのは僕しかいない…。良和はいつもそう思っていた。だが今夜は特にその思いが強い。良和は横たわった父の横で母に抱きついた。「どうしたの良和、あ、何するの、やめなさい…」良和は母のスカートをめくりあげパン...

続きを読む

漁師の母が、漁師仲間に船上でマワされてしまった…。

僕の母は43才。事故で亡くなった父の後を継いで漁師になった。しかし、女の漁師を、他の漁師達は心よく思っていなかった。ある日、母が沖で漁をしていると、漁師仲間の船が船体を寄せ、三人の男が乗り移ってきた。母のことを特に嫌っている連中だ。三人は母を押さえつけ、裸にして順番に肉棒を挿入してきたのだ。「やめて、何をするの!」と母は叫び、必死に抗ったが、男三人の力に抵抗できるものではない。母はつぎつぎに中出しさ...

続きを読む

【松嶋友里恵】お母さんが初めての女になってあげる! 彼女にフラれた息子を元気づけようと筆おろししてやる母。

51才の母親です。息子の正章は29才で独身です。先日、彼女にフラレたショックで寝込んでしまいました。私がいくら慰めても「きっと僕は一生独身だ。女の体も知らずに死んでいくんだ」なんて情けないことを言うのです。完全に自信をなくしているようでした。仕方がありません。私は裸になって正章の布団に入りました。「お母さん、何を…」という正章を黙らせ、フェラをしてボッキさせてから肉穴に導いてやりました。「わかる? こ...

続きを読む

【松嶋友里恵】お母さんと初体験したいんだ! 温泉旅行中にお父さんの目を盗んで母をガン突き!

僕は親孝行もかねて両親と一緒に温泉に行きました。かねて、というのはもうひとつ目的があったからです。それは母です。実は、僕は子供の頃から母を女と意識していたのです。初めてオナニーしたときも母を思い浮かべていました。社会人になった今、母への思いはますます強くなっています。この温泉旅行中に、母と結ばれたい。それが僕の切実な思いなのです。どうか、うまくいきますように…。...

続きを読む