熟女動画館

このサイトは、熟女が大好きな管理人が、自分がオカズにしたい熟女動画だけを収集しているサイトです

【一条綺美香】義姉さん、俺のち*こでイっていいよ! 夫を亡くし悲しみに暮れる兄嫁をガン突きする義弟。

夫を亡くして悲しみにくれていた綺美香。三回忌の法要の日、弔問に訪れた夫の弟・和也に優しい言葉をかけられた綺美香は、これまでの寂しさをぶつけるかのように和也にしがみついてしまった。和也は驚いたが喪服姿の綺美香は堪らなく色っぽかった。つい肉棒がボッキしてしまったのだが、綺美香はすがりつくかのようにフェラしてきた。「義姉さんは本当に寂しかったんだな…」そう思い、胸が熱くなりながら、和也も綺美香のおま*こに...

続きを読む

【橘慶子】あなた、ごめんなさい…。夫の三回忌に親戚の男たちにハメまわされた未亡人。

45才の未亡人です。それは三回忌の法要のため、お寺に行く前のことでした。義弟の謙二さんに「姐さん、寺に行く前に一発やらせてよ」とキッチンで迫られました。実は夫がなくなったときから悲しみと寂しさを癒やすためにときどき謙二さんに抱かれていたんです。でも、親戚の人もいるのにこんなところでできませんと拒否したのですが、私の喪服姿に興奮したのか、謙二さんは強引に私の身体をまさぐってきました。ところがその場面を...

続きを読む

【佐藤みき】おま*こが疼いて我慢できない未亡人が義父や義弟と3Pプレイを…。

医者である夫を亡くし、女盛りなのに未亡人になってしまったみきはオナニーばかりしていたが、どうしても肉棒がほしくて堪らなくなった。亡くなった夫は医者だったが、実は義父も義弟も医者だった。みきは婦人課の医師である義父に診察を頼み、診察中に巨乳で誘惑して義父と関係をもってしまう。やはり生の肉棒に優るものはない思ったみきの行為はエスカレートし、今度は義弟たちも誘惑して3Pに持ち込んでしまったのである…。...

続きを読む

【小池絵美子】あなた、ごめんなさい。我慢できないの! 夫の遺影の前で義兄とSEXしちゃう未亡人。

小池絵美子45才です。一ヶ月前に夫を亡くし、寂しさをこらえてきましたが、我慢できなくなって夫の遺影の前でオナニーをしてしまいました。遺影に向けて両足を広げ、クリトリスを刺激し続けていたのです。その姿を義兄の恵介さんに見られているとも知らずに…。恵介さんはそっと部屋に入ってきて私を抱きしめてくれました。私は思わず恵介さんにしがみつき、股間に手を伸ばしたのです。恵介さんは私に挿入してきました。ギンギンに...

続きを読む

【本庄瞳】あなたごめんなさい、でも我慢できないの…。夫の遺影の前で義弟に抱かれる未亡人。

本庄瞳42才は夫の遺影の前で手を合わせた。今日は愛する夫の一周忌なのだ。一年以上SEXできなかった瞳は男に飢えていた。そこへ義弟がやってきた。義弟は夫によく似ている。瞳は夫の面影を思い出して欲情してしまい、義弟にフェラを始めてしまった。「ね、義姉さん…」と、最初は驚いていた義弟も瞳のねっとりしたフェラにボッキしてしまい「僕でよければ…」と瞳の喪服のスカートをめくり、パンティの裾を横にずらして肉棒を挿入し...

続きを読む

【山本ちづこ】未亡人のピアノの先生に欲情してボッキしたら、先生も欲情してち*こにしゃぶりついてきた!

ピアノ教室の先生は52才の未亡人なんだけど、すげえ色っぽくて、レッスン受けているうちにボッキしてしまった。それを見て驚いた顔の先生がますます色っぽく見えて俺は理性が吹っ飛んでしまった。でも、襲いかかる必要はなかった。先生の方からフェラしてきたんだ。おま*こ触ったらヌルヌルしてる。俺のボッキを見て、押さえていた性欲が爆発しちゃったみたいだ。だからガンガン突いてやった。先生はずっとよがってた。もうこうな...

続きを読む

【牧原れい子】おばさん、不倫SEXしてたんでしょう、息子には言わないからやらせて!

牧原れい子は母子家庭の母親である。幼い和樹を育てるために亡くなった夫の弟・洋二の援助を受けていた。もちろん見返りはれい子の体である。和樹が*学生になってからもその関係は続いていたが、あるとき洋二とSEXしているところを和樹の友達の利行に見られてしまう。利行に迫られ、和樹には言わないという約束で利行に抱かれたれい子だが、年をとった洋二に較べて若さとたくましさのみなぎる利行に抱かれているうちにしだいに夢中...

続きを読む

もう上がってるから中に出してね! 隣の部屋の巨乳の未亡人に誘惑されて毎日のようにハメまくってます。

僕の住む古びたアパートには未亡人が3人住んでいる。一号室の友香里さんは回覧板を持っていくといつも電気が切れたので付け替えてほしいと頼まれる。付け替えてやるとお礼にといって一発やらせてくれるのだ。二号室の節子さんにはよく「一緒にお酒を飲みません?」て誘われる。どんどんお酌されて僕が酔っ払うと巨乳を押しつけてくるのでいつも欲情して一発やってしまう。大家の好江さんは家賃の振り込みを忘れると直接取りにきて...

続きを読む

【宇野未知子】農作業する妖艶な五十路熟女に興奮し、お願いして一発やらせてもらった!

農業大学で学んでいるが、夏休みを利用してある農家のお宅に泊まり込みで研修にやってきた。そこは50代の夫婦が2人でやっている農家だった。僕は毎日2人について農作業をしながらいろいろと教わっていたのだが、奧さんの和美さんは55才だというのに妙に色っぽかった。都会にいれば普通のオバさんだろうけど、太陽の下で汗と土にまみれて働く和美さんには、なぜか生々しい熟女の色気が漂っていたのだ。僕は興奮して前を膨らませてし...

続きを読む

【桐岡さつき】未亡人になった料理屋の奧さんに、夫の弟子たちが群がってきて乱交に…。

ふぐ料理の店をやっていたさつきの夫が、ふぐの毒に当たって亡くなってしまった。風評被害で店は傾き、このままでは倒産は間違いなかった。なんとか店を元通りの繁盛店にしたいさつきの前に夫の弟子たちが集まってくる。だが、彼らの目的は店の再建ではなく、未亡人になったさつきの体をいただくことだった…。弟子たちはさつきの体に殺到し組んずほぐれつの乱交を繰り広げるが、夫の死でSEXから遠ざかっていたさつきも燃えに燃えて...

続きを読む

奧さんもう腰が立ちません! 隣の未亡人が肉棒くわえて離してくれないんです…。

引っ越しをしたので隣近所に挨拶にまわっていた。三軒目の家は未亡人が一人で住んでいるらしい。どんな人が出てくるかなと待っていると、なんと巨乳でノーブラの、しかもかなり美形の熟女が出てきた。「あら、お隣に越してきたの?」いいながら熟女の目が妖しく輝いた。「上がってちょうだい」と言われて中に入ると「お近づきのしるしに…」とノーブラの巨乳を僕に押しつけてきた。「あ、あの…」オロオロしているうちにズボンを下ろ...

続きを読む

【椎名ゆな】お願い、やめて! 未亡人の喪服に欲情し、ダンナの遺影の前で***して中出ししてしまうひどい奴。

ゆな46才は一年前に夫を事故で亡くし、今だに悲しみから抜け出せないでいた。そんな中で営まれた一周忌に夫の親友だった滝田が訪ねてきた。かつてゆなに思いを寄せていた滝田は喪服姿のゆなに欲情して襲いかかってくる。ゆなは必死に抵抗したが、滝田はゆなのスカートをまくりあげ、パンティもむしり取っておま*こにしゃぶりつく。あまりのことに悲鳴を上げるゆな。だが滝田は、ゆなにも自分のボッキした肉棒をしゃぶらせてから肉...

続きを読む

【希崎ジェシカ】義姉さんの喪服姿に欲情しちゃったんだ。悲しみに暮れる未亡人を遺影の前で***する義弟。

35才の人妻です。いえ、一ヶ月前までは、です。夫を事故でなくし、今は未亡人です。愛する夫を亡くした悲しみは一ヶ月経っても言えることはありません。それどころか、喪失感はますます大きくなってきます。そんな私を義弟が狙っているのはなんとなく勘でわかりました。なのでできるだけ避けていたのですが、今日、とうとう義弟に襲われてしまいました。私は必死に抵抗したのですが無駄でした。「義姉さん、俺が前から義姉さんを好...

続きを読む

【君島みお】やめてお願い! 夫の遺影の前で義兄にハメられちゃった未亡人。

夫を亡くし悲しみから抜け出せないみおを心配して義兄の剛士が家にやってきた。しかし剛士は、慰めの言葉も出ないほど落ち込んでいるみおを見て欲情してしまった。実は剛士は、ずっと前から密かにみおのことが好きだったのだ。喪服姿のままで青白い顔のみおが切ないのにどこか剛士を刺激してくる。剛士は自分を抑えることができなかった。みおを押し倒し、喪服の裾をめくりあげた。「やめて、何するんですか!」みおが叫んだが剛士...

続きを読む

【成宮いろは】オナニーしていた未亡人があまりにエロすぎたので、頭に血が上って襲いかかったところ…。

俺はある一人の未亡人に思いをよせていた。その女・佳代子は兄が愛した女だ。しかし兄は早くに徴兵に取られ、佳代子は別の男と結婚した。だがその男も徴兵され、戦死してしまったのだ。未亡人となった佳代子は料亭の下働きをしながら食うや食わずの生活をしている。俺は兄の存在さえなかったら佳代子と結ばれたいと思っている。だが、あれほど佳代子を愛した兄を裏切るわけにはいかなかった。俺は兄が帰ってくるまで、ただただ佳代...

続きを読む

【矢部寿恵】夫を失って悲しみに暮れる未亡人を寄ってたかってハメたおす男たち。

34才の寿恵です。先日夫が闘病の末に亡くなってしまい私は未亡人になってしまいました。でも医療費の支払いで蓄えは底をつき、夫を入れるお墓に入れるお金さえ残っていませんでした。そんな私の元に墓石屋の下田という男が部下を数人引き連れてやってきました。下田は「墓の金はなんとかしてやるからやらせろ、ダンナを亡くしたばかりの人妻を抱いてみたかったんだ」と私に迫ってきたのです。私は必死に抵抗したのですが、部下たち...

続きを読む

【谷原希美】夫を亡くして悲しみに暮れる未亡人が、親族や義息にガン突きされちゃう!

あるお金持ちの男性のところに後妻として嫁ぎました。義息は私が財産目当てで嫁いだと思っているようです。ところが、嫁いですぐに夫は交通事故でなくなってしまいました。しかも悲しみに暮れていた私は親戚の男に***されてしまったのです。でも、執拗に突きまくられた私は不覚にもイカされてしまいました。そして、その場面を義息に見られてしまったのです。義息は父が亡くなったばかりなのに男とSEXしている、やはり財産目当てだ...

続きを読む

【宝田さゆり】お母さんをイカせてほしいの! 10年ぶりにSEXの快感に目覚め息子の肉棒を狙う母親!

56才のさゆりです。夫とは10年前に死に別れました。未亡人になってから特に付き合った男性もおらず、性欲の方はオナニーで解消していました。でも最近、性欲が強くなったのか男がほしくて堪らなくなってきました。そんなとき私の弟が訪ねてきまして、最近妻がやらせてくれないとこぼしていました。私は話しを聞いているうちに欲情してきまして、弟にやらせてあげたんです。その結果私の中の女が覚醒してしまい、こんどは息子のズボ...

続きを読む

【折原ゆかり】中には出さないでね! 叔母さんの脇毛に欲情した甥っ子が生挿入!

夫が亡くなって1年が過ぎました。あれ以来一人で暮らしていましたが、半月前から甥っ子の誠一君が下宿しています。おかげで家の中が明るくなりましたが、肌寂しいのは今までと同じです。ところで私は、主人に頼まれて脇毛を生やしていたのですが亡くなってからも剃らないでいました。この脇毛が誠一君をモヤモヤさせていたみたいなんです。ある日学校から帰ってきた誠一君が「僕、叔母さんの脇毛が気になって勉強が手に着かないん...

続きを読む

【JULIA】夫の借金のせいで遺影の前でハメられてしまった巨乳の未亡人!

カデゴリ 人妻・熟女
キーワード

夫の一周忌に藤原という男が夫に貸したというお金を取り立てにきました。払えないとわかると藤原は私の喪服をまくりあげ、夫の遺影の前で、まるで生きている夫に見せつけるかのようにおま*こを弄ぶのです。フェラも同様でした。私は本当に夫に見られているような気がして生きた心地もしません。さらに藤原は夫の友人だった人まで巻き込んで3Pに持ち込みました。夫の遺影に見つめられながら私は二人の男にガン突きされ、ただただ堪...

続きを読む

【円城ひとみ】やめて下さい、お義兄さん! 遺影の前で義兄にバックでハメられちゃった五十路の未亡人!

弟が亡くなって一ヶ月。俺はある決意を胸に亡き弟の家に向かった。未亡人になった弟の嫁・ひとみが迎えてくれたが、その顔にはまだ憂いが漂っている。俺は頃合いを見計らってひとみを抱きよせた。「な、何をするんです、お義兄さん!」抵抗したが、俺はかまわずにひとみを四つん這いにさせ、バックから突き刺した。そう、今日俺、はずっと前から思いをよせていたひとみを、俺のものにするために来たのだ…。...

続きを読む

【松島葵】お父さんもお兄さんもやめて下さい! 亡くなった息子の嫁の、喪服姿に欲情する変態家族たち!

夫の一周忌のときです。喪服姿の私に義父が迫ってきたのです。「息子が生きてるときからあんたに欲情してたんだ」なんて耳を覆いたくなるようなことをいい「やらせろ」って迫ってくるのです。あまりにしつこいのでフェラで抜いてあげたんだけど、これがいけなかった。義兄にしっかり見られていたのです。次の日、義兄に「見てたぞ、俺にもやらせろ」て、今度はしっかりハメられて中出しされちゃったんです…。...

続きを読む

【加山なつこ】お義母さんの中にいっぱい出していいのよ! 反発してくる再婚相手の連れ子を、おま*こで丸め込む五十路で巨乳の義母!

なつこ・56才です。5年前に夫を亡くし、つい最近再婚しました。彼には年頃の息子がいるのですが、その子が何かと私に反発してくるのです。とうとう私も頭にきてつかみ合いになってしまったのですが、床にたおれ込んだ拍子にSEXに発展してしまいました。仕方なく思い切り中出しさせてあげたら「ごめんなさい、俺、本当はお義母さんが好きだったんです」なんて嬉しいことを言ってくれたんです。それからは…ね。...

続きを読む

【最上ゆり子】奧さんのおま*こよく締まるぜ! 言わないで下さい! ダンナの遺影の前でハメられちゃったのに、快感を覚えてしまった人妻!

夫が亡くなったのは一週間前。交通事故でした。私はあまりの悲しさにお葬式がすんだ後も遺影の前で毎日泣いていました。夫は医師でしたが、夫の勤めていた病院の院長がひとりでやってきたとき、私は警戒するべきでした。院長は喪服姿の私をいきなり押し倒し、夫の遺影の前で挿入してきたのです。私は屈辱と怒りに身が震えました。でも突き上げられているうちに快感がこみ上げてきたんです。...

続きを読む