熟女動画館

このサイトは、熟女が大好きな管理人が、自分がオカズにしたい熟女動画だけを収集しているサイトです
熟女動画館 TOP  >  安野由美
[ 安野由美 ] のタグを含む記事

【安野由美/熟女】冷房の壊れた教室で女の先生と汗だくのSEX!

美貌の女教師に母の面影をみる少年  浩史は早くに母を亡くし、転勤族の父に連れられて転校をくり返していた。そのせいで勉強が遅れ、ある地方都市で迎えた中三の夏休みに浩史は二週間の補習授業を受けることになった。講師の由美は36才の美人教諭だった。優しく丁寧に浩史に勉強を教えてくれた。そんな由美に母の面影を感じ心惹かれていく浩史。由美も浩史の思いに気付き、ふとしたきっかけで2人は結ばれてしまった。「浩史くんは童貞なの?」「はい…」「先生が教えてあげる」そんな感じで2人は冷房の壊れた教室で汗だくのSEXをした。
浩史は母に甘えるような気持で由美のおま*こを舐め続けた。初めて由美のおま*こに挿入したとき、浩史はこの世にこんな気持のいいことがあったのかと感動さえ覚えた。2人は汗だくでSEXし続けた。二週間の補習授業が終わったとき浩史は言った。「先生、卒業したら俺、先生を迎えにいくよ」だが「いけないわ。あなたにはもっとふさわしい子がいるわ。私のことは忘れなさい」そういって由美は去って行った。浩史は万感の思いとともにその後ろ姿を見送るのだった…。
[ 2020/05/11 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】大好きな母親に夜這いする息子。

母親と初体験したい息子 晃は父親が嫌いだった。嫌いな父親に母・由美が甲斐甲斐しく世話をしているのを見ると悔しくてたまらなかった。なぜなら晃は、母に特別な思いを持っていたからだ。
ある晩父が酔ってヘベレケになって帰ってきた。母・由美は水を飲ませたり寝室につれていったり、いつものように甲斐甲斐しかった。父も由美に甘えきっている感がある。悔しさと嫉妬を覚えながら見ていた晃の中で何かがはじけ飛んだ。
母親に夜這いする息子 晃は母に思いのタケをぶつけていった。最初は驚いた由美も息子が自分に抱いている思いを知り、胸を熱くした。そして晃の思いを受け止めてくれた。晃は母に挿入し大量に精液を注ぎ込んだ。だが由美はこれが最初で最後と言った。親子でこんなことをしてはいけないの、と、晃を諭した。いったんは納得した晃だったが、やはり諦めきれなかった。母の体をもう一度味わいたい。その思いが最高に高まったとき、晃は由美に夜這いを仕掛けるのだった…。
[ 2020/04/05 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】夫の親友に挿入され、いけないとわかっていても快感に身を震わせる人妻。

由美は54才の人妻。結婚して20年が過ぎた。2人の息子も結婚してそれぞれ自分の家庭を築いている。今は夫と2人暮らしだ。
そんなある日、長い間海外で働いていた夫の友人・松村が帰国した。夫は松村を家に招き、その他友人も集まってパーティを開いたのだが、その最中に由美は加藤という男に犯されてしまった。しかも犯されているところを松村に目撃されてしまった。
後日、松村は1人で家にやってくると有無をいわさず由美を抱いた。松村はずっと前から由美に心を寄せていたのだ。そして、実は由美も結婚する前に松村のことを好きだった。激しく愛し合ってしまった2人。だが由美は、夫を裏切ってしまった後悔にさいなまれるのだった…。
[ 2020/03/17 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】52才のAV嬢にセーラー服を着せてガン突き。最後は寄ってたかって顔射!

52才のAV女優・安野由美さんにセーラー服を着せたら、アンバランスな妖しい色気が立ち上った。男優の俺は由美さんの真っ白パンティを引き下ろしておま*こを舐め回した。セーラー服なのにおま*こは熟れきった熟女のそれというのが何とも生々しくて俺は異様に興奮してしまった。肉棒を突き刺すと中はトロトロになっていた。由美さんもこの状況に興奮しているのだ。俺はガンガン突きまくった。トロトロだがギュッと締めてきて溜まらなく気持いい。さらに突きまくる。
だが、まわりで見ていた男たちはもう我慢できななったらしい。つぎつぎに由美さんに顔射し始めた。
[ 2020/02/13 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】そのぶっといち*こで私をイカせて! 家の修理にきた大工を誘惑し、SEXに持ち込んだ欲求不満の人妻。

どうも、大工の近藤といいます。安野さんに頼まれてた雨どいの修理をしようと家に行ったんですが、偶然、奧さんがオナニーしてるところを覗いちゃったんです。目が合っちゃって、私は必死に覗いたことを謝ったんですがね、奧さんは「私だけ見られるのは不公平だわ。近藤さんもオナニーして見せてよ」なんて言うんです。仕方ないのでち*ぽ出して扱いて見せたんです。そしたら奧さん、夢中でち*ぽにしゃぶりさいてきて「ちょうだい、このち*ぽちょうだい!」て言うんです。よほどSEXに飢えてたみたいです。ダンナは何してるんだろう…。だから私、ガン突きしてやりました。
[ 2020/02/10 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】お義母さんをイカせてね! 再婚相手が弱いので、連れ子2人とハメまくる淫乱義母。

安野由美52才は今度こそ幸せになろうと三度目の結婚をした。初夜もうまくいった。年上の夫は年相応に弱くなっていたが、由美がいままで培ったテクニックでカバーして無事合体、射精に導くことに成功した。とはいえ夫が弱いことは確かで、性欲の強い由美も毎日やることは控えていた。(もし毎日やったらポックリいってしまいそうだった)で、足りない分はオナニーしていた由美だが、その場面を夫の2人の連れ子に見られてしまった。興奮した息子たちは由美に迫ってきたが、由美は2人とも受け入れた。優しい夫と逞しい肉棒を持つ2人の息子に囲まれ、由美はいま幸せなのである。
[ 2020/01/25 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】突然やってきた熟女2人に騎乗位と顔面騎乗されて、あっというまに射精してしまった童貞君!

家で勉強していたら熟女が訪ねてきて「おめでとうございます、あなたが1万人目です」とかいって僕にフェラしてきた。何の1万人目なのかわからないけど、気持いいのでまかせておいたら、また一人熟女が来て「おめでとうございます」といいながら僕に顔面騎乗してきた。顔にベッチョリとおま*こが密着している。息ができないが気持いい。やがてフェラしていた熟女が騎乗位で合体してきた。ニュルッと肉穴に入り込んだ肉棒が強い力で締めつけられ、僕はあまりの気持よさにすぐに射精してしまった。しかし、またひとり熟女がやってきた。まだ終わらないらしい。でも1万人目て何なんだろう…。
[ 2020/01/02 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】夏休みの補習中に人妻の女教師とハメまくっちゃいました。

僕は幼い頃に母を亡くし、転勤族の父とともに各地を転々としていたので勉強はいつも遅れていた。中三の夏休み、僕はとうとう補習授業を受けることになった。補習担当の由美子先生は僕の生い立ちを知ると同情してくれ「私にも君と同じくらいの息子がいるの。私をお母さんだと思って甘えてもいいわよ」と抱きしめてくれた。
でも、思春期の僕が先生のぬくもりだけで我慢できるわけはない。すぐにボッキして先生に押しつけてしまった。そうしたら先生は「故郷に帰りたいのね。いいわ、いらっしゃい」と言っておま*こに入れさせてくれたのだ。本当に充実した夏休みだった…。
[ 2019/12/15 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】怖がらなくていいのよ。おばさんが教えてあげるから。親友の息子が可愛かったので筆おろししちゃった人妻。

51才の由美ともうします。娘の受験に付き添って上京してきたのですが、娘は同じ大学を受験する幼なじみとホテルに泊まるというので、私は女学校のときからの親友・雅美の家に泊めてもらうことにしました。雅美には裕太君という息子がいるのですが、この子は以前から私のことを好みたいで、私が行くといつも嬉しそうに迎えてくれました。でも今回はなんだかぶっきらぼうなんです。話しかけても目を合わせてくれないし…。ははあ、恥ずかしいんだな、と思いました。可愛い。そういえば彼ももう年頃だったのね。私、酔ったフリして筆おろししちゃうことに決めました。
[ 2019/12/12 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】酔って淫らになった母の友人が、筆おろししてあげると言って迫ってきた。ラッキー!

母の友人の由美が家に泊まることになった。娘の受験に付き添って上京してきたのだという。子供の頃から由美に惹かれていた孝一は、同じ屋根の下に由美がいるというだけで胸がときめいた。その晩、ワインを飲んでいた由美が酔ったらしく、母には聞こえない小声で「孝一君はまだ童貞なの?」と聞いてきた。突然のことにドギマギしながら「は、はい…」と答える孝一の耳元で「じゃあ今夜私が卒業させてあげる」と由美は囁き、孝一の股間をスリスリとこすった。実は由美は夫と長いことSEXレスで欲求不満だったのだ。だがそのおかげで、孝一はめくるめくような一夜を過ごすことになった…。
[ 2019/12/03 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】もっと激しく突き上げて! 学生のときマドンナだった五十路の人妻が、同窓会後に3Pして乱れまくり!

安野由美。50才の人妻です。良妻賢母に徹してきたつもりですが、心のどこかに弾けたい願望があったみたいです。それは同窓会で帰郷したときのこと。当時好きだった加藤君に誘われてホテルに行ってしまいました。そして結婚してから初めて不倫したのでが、自分でも信じられないほど弾けて痴態を晒してしまいました。気がつくともう1人同級生がいて3Pになりってしまいましたが、私は夢中で腰を振り肉棒をしやぶり続けました。あんなに弾けたことは主人とだってありません。自宅から遠く離れていたからかもしれませんね…。
[ 2019/11/14 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】先生、やめて下さい! 息子の担任にハメられちゃった義母。それを目撃した息子もフルボッキしてしまい…!

53才の人妻ですが、夫がバツイチだったので連れ子がいます。健太といって今では本当の親子のように暮らしています…と、言いたいところなのですが、最近、健太は私の体ばかり見ているんです。嫌らしい目で…。不安になった私は健太の担任に相談したのですが「お母さんが欲求不満でフェロモンを発散させているが原因ですよ」とか言われて犯されてしまいました。しかもその場面を健太に見られてしまったんです。今度は健太が私を犯してきました。確かに夫としてないので欲求不満でしたが、そんなにフェロモンを出していたのかしら…。
[ 2019/11/02 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】担任に犯された義母。目撃した息子も欲情して…。

由美は55才。最近、思春期に入った義息の茂雄が自分の体ばかり見ていることに気づいた由美は、心配になって担任の大野に相談した。しかし大野は「お母さん、あなたが色っぽすぎるんですよ。ほら、私だってボッキしてしまいました」と由美に襲いかかって犯してしまった。それを目撃した茂雄は激怒し、その晩由美を押し倒して犯してきた。しかし由美は若く逞しい茂雄に貫かれているうちに感じてしまい、茂雄にしがみついて腰を振りたくってしまった。「俺の思ったとおりだ、やっぱりお義母さんはスキモノだった」と茂雄に言われ、そうかもしれないと思う由美だった。
[ 2019/10/21 ] 母親・義母 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】夫が二階にいるのに、屋根修理の業者とハメまくってる嫁。

結婚25年目。53才の人妻です。夫は大学の教授で、休みの日は部屋に閉じ籠もって何かの研究を続けています。私のことなどまったく気にしてくれません。SEXだってもう何年もしていません。私もついに限界がきました。窓の修理にきていた業者に「私を抱いて下さい」とずばり言いました。業者の中年男性は驚き「でも、二階にご主人がいるんでしょう?」と…。「研究に没頭すると何も聞こえなくなるの。どうしたの、怖くて抱くけないの?」私が挑発的にいうと業者はカッとしたらしく乱暴に私を押し倒してきました。「そうよ、その調子よ。思いっきり私をイカせて!」と私は叫んでいました…。
[ 2019/10/19 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】私のスカートの中見たでしょう? ノーパンの人妻が初体験させてくれた。

浪人生なんだけど、アパート借りてひとりで勉強してます。僕の唯一の息抜きは大家の奧さん・由美さんと話しをするときだけだ。由美さんは50才だけど美人でスタイルもいい。一人暮らしの僕のことをいつも気遣ってくれた。あるとき僕は、外で洗濯していた由美さんのスカートの中を覗いてしまった。驚いたことに由美さんはノーパンだった。僕はおま*こをはっきり見てしまったのだ。僕の頭の中は瞬時に由美さんのおま*こでいっぱいになってしまった。これでは今日、いくら勉強しても頭に入りそうにない。困ったな、と思っていたら「お昼ご飯作るから食べにきて」と由美さんに声をかけられた…。
[ 2019/09/27 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】早漏の男性いらっしゃい。私がSEXしながら治してあげます。

私の病院には毎日早漏で悩んでいる男性がやってきて、私は治療のために体を張ってがんばっています。治療といっても、私がSEXの相手をしながら漏れそうになったら「だめ、まだダメよ!」と、その都度ストップをかけていくしかありません。でも、何度も繰り返すうちに「ダメ、まだだ!」と、自分で、無意識にストップをかけられるようになってくるんです。今日一人目の男性もすぐに自分でストップをかけられるようになりました。でも効果がありすぎたのか、今度はいつまで経っても射精してくれません。おかげで私は何回もイカされるはめになってしまいました…
[ 2019/09/23 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)

【安野由美】兄嫁が欲求不満みたいなので、兄貴の代わりに義弟の僕がイカせてやった。

父の墓参りのため、帰省して実家に泊まっていた。兄嫁の由美さんに元気がないので声をかけてみると、子供がほしかったが50才になってしまい、もう無理。それなのに跡継ぎがいないことを毎日姑(僕の母だ)に責められ、夫とも最近は不仲になってしまった。もうこの家で暮らす意味がない…。とのことだった。兄嫁の悲しそうな顔を見ているうちに僕はなぜか欲情してしまい、兄嫁にキスをした。すると兄嫁は僕にすがりつき「抱いて、一時でいいから嫌なことを忘れさせて!」と猛烈なキスを返してきた。兄貴とぜんぜんしてないんだな…そう思い、僕は兄嫁をイカせてやるべく力いっぱい腰を振りたくった。
[ 2019/08/21 ] 人妻・熟女 | TB(-) | CM(0)
18才未満閲覧禁止
当ブログには、未成年の方の閲覧に適さないアダルトコンテンツが含まれています。 18歳未満の方は速やかにご退場下さい
※削除されてないのに動画が再生されないときは何度か再クリックしてみて下さい
動画エロタレスト・新着
動画エロタレスト新着
新着動画紹介
相互リンク募集中
相互リンクを募集しております。連絡は不要。動画エロタレストに登録してあって、当サイトにリンクが貼ってあれば、アクセスが来た時点でこちからもリンクいたします。